« 戦争映画を見ると | トップページ | カツ丼て »

感動しないわけじゃない

 スポーツの感動がわからない、といっているけど、実はわかる。
 僕は小学生時代、無理矢理サッカーを5年間やらされたおかげで、その時代の写真なんかは全部切り刻んで処分してしまったけど、スポーツの感動がわからないわけではない。

 要はあれはね、代理戦争してもらってる感じなんだよ。
 オリンピックとかワールドカップとかで日本代表を応援するでしょ。
 外国人に日本代表がほめられるでしょ。
 そうするとなんか嬉しいでしょ。
 すごくバカらしいのはわかってるんだけど、なんだか嬉しいでしょ。
 僕はすんごい嬉しくなるのね。
 日本代表が勝つでしょ。
 なんだか嬉しいでしょ。
 僕もすんごい嬉しくなるのね。
 
 スポーツっていいと思うのね。
 でも戦争もいいと思うのね。
 実際戦争に巻き込まれたらそんなこと言ってられないのはわかってるけど、でも戦争もスポーツも、同じ感覚でやってると思うよ、みんな。
 命がかかっているか、そうでないかの違いね。
 自分の国が戦争に勝つと嬉しいでしょ。
 日本がアメリカに勝ったら嬉しいでしょ。
 自分の好きな国が戦争で勝ったら嬉しいでしょ。

 みんな、戦争、好きなんだよね、本当は。

 それでも戦争に反対するから、人格があるんだよ。

« 戦争映画を見ると | トップページ | カツ丼て »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動しないわけじゃない:

« 戦争映画を見ると | トップページ | カツ丼て »